おさかな とと吟

ライフスタイル

筋トレ再開の狼煙を上げる!

今週のお題「2019年上半期」は年明け早々に、

身内が他界しました。

ひとの死はいつも様々なことを想い、考えさせられます。

喪主としての務めを粛々と行いつつ、

時折り…

故人の人生は幸せであったのだろうかと。

筆者は故人の幸せに全く貢献出来なかった。

それどころか、迷惑と苦労をかけてばかりだった。

最後の最後まで。

今は、

位牌の前で詫びる事と、来世での幸福を祈るしかできない。

 

 

人生とはなんだろう。

 

この物質界に肉体という物質で生を受け、

人間と分類され、人生という限りある時間を歩いてゆく。

他にも同じく、人生という時間を歩んでいる大勢が世にいる。

 

そのなかで、他者の人生をより良いものにする為に

自己を犠牲にし(そんな感情も持たず)、

自分の限りある人生の時間を無償どころか、喜んで差し出すひとが

どれほど居ようものか。

 

それが一番近くにいた。

 

両親を大切にすることが出来なかった。

親不孝は自分の不幸だ。

 

両親を介して肉体を持って生まれ、今生を生かしてもらえる残りの時間を、

お借りしているこの身体を鍛えてゆく。

 

筆者は過去の経験から知っている。

身体を鍛錬すると心が整うことを。

意識せずとも勤勉になる。

食生活も調う。

知足の浸透。

 

身体をデザインすることは素晴らしい。

 

プラトーを迎えてレイオフから脱落せずやりきる。

前回の反省点。

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へとと吟が参加中ポチっと宜しくお願い致します