おさかな とと吟

ライフスタイル

好きな色でさえ…。

今週のお題「わたしの好きな色」はあか。

あえて平仮名で書いた。

日本には様々な『あか』があるから。

赤、朱、緋、紅…。

どれも好きだなぁ。

 f:id:marco1101:20190624075300j:plain

しかし、『あか』好きの筆者は受難の時代を経験する事になった。

それも四歳のかわいい盛りの幼少期に。

 

筆者には三人の姉がいた。

末っ子で男子一人の筆者はどちらかと言えば可愛がられた。

しかし、それは『お人形さん』としてであった。

つまり、動く男子人形なのだ。(なんか微妙な表現)

 

玩具は持ち主に対して、無条件に従順でなければならない。

そうでなければ仕打ちを食らう。

 

ある日、姉達が塗り絵をしていた。

帽子は何色にしようか、鞄はどの色が合うか、ワンピースは…。

そして、『◯◯(筆者)は何色が好き?』と聴いてきた。

 

迷うことなく『あか』と答えた。

 

ぅえぇ~⁉

 三人の姉達は異口同音に、なんて女の子の色だよと叫ぶ。

 

 普通、男の子は青とか黒、茶色が好きなんだよ。

緑もまあまあかな。

赤が好きなんて言ったら笑われるよ。

 おかしいよ!

 

まだ全世界が家庭内の範囲だった四歳の筆者は、

『あか』が女子限定色であると言う偏見を植え付けられた。

同時に男子は『青』でなければならないと強要された。

世の中はそういうものなんだなと思った。

 

でもね、あかなんだよね。

以後、めんどくさいから『青でございます』と。

 

 ついでに書かせてもらえば、

好きなアイドルに関しても同じようなパターンで…。

『◯◯はテレビに出てくるひとで、誰が好き?』

 

迷うことなく山本リンダと答えた。

 

ぅえぇ~⁉

それは大人のひとが好きになるひとだよ。

こどもは好きになっちゃダメなんだよ。

◯◯はこどもだから

アグネス・チャンだよ。

以後、めんどくさいから『アグネス・チャン』でございます。

 

でも、リンダなんだよ。

 

赤い口紅で緋色のサテンブラウス姿で写る、

山本リンダの踏み絵を実行されていたら

………いま、こうして

今週のお題を書いていることも無かっただろう。

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へとと吟が参加中ポチっと宜しくお願い致します